Polska wersja English version francais version Russian version Deutsche Version Espanol
Exorcism

document - printer friendly

序文

このウェブサイトでは、ヴァンダ・プランツニツカの著書、「霊に依る憑依〜 21 世紀の除霊」からの引用文が見つかります。


何故これ程の数の霊達が、死のカーテンを潜ってあの世で成仏できる権利を主張して来なかったのでしょうか?何故これほどの数の霊が、あの世とこの世の間で彷徨っているのでしょうか?それには、沢山の理由があります。一番重要なのは、迷っている霊は、自分が死んだ事を理解しきっていない事です。生きている時と余り変わった事は無く、自分の死の瞬間に人事不省に落ち入っていたので、まだ生きていると思っているのです。父親、母親、兄弟、姉妹、祖父母、友人、隣人、仕事や学校の同僚と、彷徨っている霊は、いつも私達の身近な人達です。貴方も同じ様な目に遭うのでしょうか?

「貴方、亡くなってしまった事に気付いていらっしゃいます?」と、私が迷っている霊に聞くと、驚いて霊は言います、「えっ、いいえ!」。そして、その後直ぐに霊は言います、「私が生きていないって、何を言ってるんですか?生きているに決まっているじゃありませんか。目も見えるし、耳も聞こえるし、感触だってあるのに、どういう根拠でそんな事言ってるんです?」。そこで、私は繰り返します、「貴方は、死んでるんですよ」。

そして、霊は怒って叫び出します、「あー、何で死んだ後に人は生きてるって誰も教えてくれなかったんだ?」。毎日、同じ嘆きを聞く私は、この本を書く事にしました。

親愛なる読者の皆さん、生きている時に持っている死への知識と観念が、死後の貴方に待ち受ける運命に影響します。まだ時間に余裕がある内に安全なあの世への道へ自分と近親者を導こうとする、勇気と用意の整った人達の為に私はこの本を書きました。遅かれ早かれ、私たち全員この死という問題に直面します。貴方の周りの何方かにも、もう既に旅立たれた方もある事でしょう。死{#12398;カーテンの向こうへ行かなかった者は、変わった事が何も無いので、まだ生前と同じ様にこの世で生きていると思っています。しかし、それは生きている私達にとって彼らの生前と同じ様に、何も変わっていないという事になるのでしょうか


この本を注文する





Add your opinion here
Email or nickname

Please choose the quality of this website:

positiveneutralnegative




Ghost story