Polska wersja English version francais version Russian version Deutsche Version Espanol
Exorcism

document - printer friendly

魂がこの世に残る時

このウェブサイトでは、ヴァンダ・プランツニツカの著書、「霊に依る憑依〜 21 世紀の除霊」からの引用文が見つかります。


魂が、光に背を向け死のカーテンの向こう側に行く意志がない時、誰にもそれを止められません。神は、私達に自由意志を与えられたので、死の瞬間でさえもその権利を主張出来るからです。死の瞬間迄魂は、周り全体から援助、生きる力、そして生活の目的を与えられて自分の居場所を考えていましたが、「天国」行きを蹴った瞬間から次に何をしたら良いか迷い出します。魂は大抵、近親者、家族又は、生前直接関わり合いのあった者の所へ戻ります。その魂が、一番安心出来る所です。家、入院していた病院、友達の所、墓地、その魂の墓、もし生前行くのが好きだったら教会、所有していた不動産物件、好きな時に酒を呑めるバーそして、麻薬をやったりする場所と、魂はこう言った場所にも戻って来ます。事故で死んだ殆どの霊は、現場に残って何時も事故の場面を再演し続けています。こういう霊達の目を覚まして、もう生きてはいない事を悟らしてあげなくてはなりません。


この本を注文する





Add your opinion here
Email or nickname

Please choose the quality of this website:

positiveneutralnegative




Ghost story